うみちゃんの知恵袋

手取り20万介護士が実践してる貯蓄、運用、お金にまつわる情報や、介護情報を発信。

まずは貯める理由をはっきりさせる

こんにちは、うみちゃんです。

貯金をするにあたって目標を立ててていますか?

 

「とりあえず貯めていこう。」

「余った金額を貯金にあてていこう。」

「将来に対する不安から少しでも貯めよう。」など

と曖昧な目標で貯金をしようとしてませんか?

 

「なんとなく。」という気持ちで貯金はできません。

人間はお金があれば贅沢だってしたいし、ラクをしたい。

ほとんどの人が限られた収入をやりくりし、

家族で生活をしなくてはいけないのが現実です。

 

なぜ貯める理由を明確化させる必要があるか?

を説明していこうと思います。

 

f:id:d-taku317:20190228162332p:plain

 

貯める理由をはっきりさせる

ここにAさん、Bさんがいます。

Aさん「買いたいバッグがあるから8万円貯めたい。」

Bさん「とりあえず生活資金が余ったら貯金にあてよう。」

  一ケ月 二ケ月 三ケ月 合計
Aさん
30,000円
30,000円
20,000円
80,000円
Bさん
5,000円
10,000円
7,000円
22,000円

 

 

と「目的ありの貯金」と「目的なしの貯金」では成果にはっきりと差が出ます。

目的を決めることによって一ケ月何円貯金にあてる必要があるか。

明確化することによりだらだらと貯めようとしてるBさんと差が出ます。

 

目的がない場合は?

じゃあ目的がない場合はどうしてらいいか?

いつか目的が出来た時の為、将来の自分の為でいいと思います。

お金は可能性を広げてくれます。自分の投資の為と考えましょう。

 

以上の事から貯金するにあたって、

目標を明確化することが大切ということが伝わりましたか?

曖昧な気持ちで貯金は簡単にできません。

いきなり貯金を習慣化するのは難しいですから。

何か欲しい物、こんなことがしたい等を考え

目標を決めた方が楽しいですし、達成感があります。

必ず貯める理由をはっきりとさせて貯金生活を始めよう。

 

point

・なぜ貯めるか目標を決める。

・数か月で何円貯めるかを決める。

・逆算し一月に何円貯めるかを決める。

・金額、期間共に明確化する

・目標を決めた方が楽しく達成感がある。