うみちゃんの知恵袋

手取り20万介護士が実践してる貯蓄、運用、お金にまつわる情報や、介護情報を発信。

ふるさと納税とは?知って得する節税方法

こんにちは、うみちゃんです。

皆さん『ふるさと納税』って知ってますか?

ニュースやCMでちらりと聞いたことはあると思います。

でも詳しくは知らないという方に対し簡単に話していこうと思う。

美味しい物も食べれて、温泉に行けたりと

節税にもなり家計にオススメなので紹介しようと思う。

 

f:id:d-taku317:20190220175355p:plain

 

ふるさと納税とは?

応援したい故郷や自治体に寄附ができる制度です。

ただ寄附するだけでなく、手続きをすると住民税や所得税の控除や還付が受けられる。

そして故郷や自治体から名産品などをもらえるお得な節税方法です。

 

 

お金かかるんじゃないの?

控除上限額内の寄附であれば、寄附額から合計2000円を差し引いた分が、

所得税や住民税から還付・控除を受けられます。

ただし控除上限額は給与年収や家族構成で異なるため、

一人一人が控除上限額を知っておく必要があります。

実質負担額は2000円のみです。

 

ふるさと納税の魅力

・お礼の品を選ぶ自分で選ぶことができる。

・住民税や所得税の控除、還付が受けられる。

・応援したい自治体に寄附できる。

・寄付金の使い道を指定できる。

 

ふるさと納税の仕組み

f:id:d-taku317:20190220180707g:plain

上の画像が確定申告をする場合の流れです。

でも確定申告めんどくさいですよね?

そんな方には簡単で便利な『ワンストップ特例制度』があります。

 

ワンストップ特例制度

・・・ワンストップ特例制度は、年間の寄附先が5自治体までなら、確定申告をしなくても、寄附金控除が受けられる仕組みです。申請書を寄附した自治体に送ることで、控除上限額内で寄附した合計寄附額のうち2,000円を差し引いた額が、住民税から全額控除されます。

 

と申請書を送るだけで済む方法もあるので、面倒と感じるあなたにもおすすめです。

 

 

ふるさと納税のやり方

www.furusato-tax.jp

 

www.satofull.jp

 

①まずはふるさと納税サイトを選んでください。

②控除上限額を調べる。

③寄附する自治体、返礼品を選ぶ

④返礼品、寄付金受領証明書が届く

⑤控除申請手続きをする。

 

たったこれだけで美味しい物や温泉旅行が

実質負担額2000円で出来るってやらない方がおかしくないですか?

 今年からでも実践しておけば翌年の住民税・所得税が還付もしくは減税されます

この機会からでも始めることをお勧めします。

 次回記事は実際にシミュレーションをします。

またよろしければ見てください。

 

www.umichan.net

 

ふるさと納税少しでも気になればクリックして詳しく見てくださいね。