うみちゃんの知恵袋

手取り20万介護士が実践してる貯蓄、運用、お金にまつわる情報や、介護情報を発信。

使われやすい介護士の特徴

こんにちは、うみちゃんです。
職場になんでもやってくれる上司がいてるんですが、
あまりにもいい様に使われていてこんな風になりたいとは思えないので、
使われやすい介護士の特徴を書いていく。
あなたは使われやすい介護士になっていませんか?

 

 

f:id:d-taku317:20190207164618p:plain

 

はっきり言えない性格

はっきりと言えない気の弱い方は、何か頼まれても無理ですとは言えない。

そしてなにか思うことがあっても誰にも相談できずため込む傾向にある。

 

 

他人から嫌われたくない

他人から嫌われたくない人は人から頼み事をされると断れず、引き受ける傾向にある。こういう人は、小さい頃から嫌われないために他人に意見を合わせ、要求を断れない性格であると考えられる。

断ると嫌われるという気持ちが勝り、仕事をなんでも引き受ける。

 

 

優しい

優しい人は相手に親身になって話を聞きます。

そして相手の気持ちを考え、力になろうとします。

困っている相手の頼みであれば、断ることなく引き受けるでしょう。

その優しさに付け入る人間(上の人間)もいるので気を付けて。

 

 

なんでも真面目に仕事をこなそうとする人

日々の業務において、すべてを真面目にこなそうとする同時に上司からこの人は仕事を投げやすいと判断されます。楽してさぼっている人間の分も気づかず仕事をしていることが多いので、楽したい人間からの仕事が回ってきます。

 

 

最後に

使われやすい人間ほど、他人に仕事を振り分けようせず自分で全てします。

それはなぜか?簡単です。人に頼みたくても頼めないからです。

使われやすい介護士の多くは真面目な方か、自分がやればいいという自己犠牲の勘違い人間ばかりです。どんどん時間が経つにつれ周りを頼れなくなります。そして自分で自分の首を絞め続ける。

こうならないためにも断る能力、相談する能力、そして人に仕事を頼む能力を身につけてください。

※無論使われたい人はこの調子で使われてください。立派な会社貢献です。