うみちゃんの知恵袋

手取り20万介護士が実践してる貯蓄、運用、お金にまつわる情報や、介護情報を発信。

介護職に転職して良かったこと、悪かったこと。

こんにちは、うみちゃんです。

私は初めから介護職の仕事をしていたわけではなく、

元々は別の仕事をしていました。

介護職に転職してみて思ったことを書いていますが、

施設や事業所によって待遇も違ってきます。

あくまで私の例としてなのでご理解お願いします。

 

f:id:d-taku317:20190127223149j:plain

介護職に転職

介護職に就く前は?

介護職に携わるまでは、歯科技工士、飲食店と経験しました。

歯科技工士はわずか一年にも満たしていません。

辞めた理由は

①月~土曜日、朝から晩まで(終電)机に座って仕事

②低賃金。手取りで13万程。(今は改善されてるそう)

③人間関係(体育会系スポーツ人間か根暗人間しかいない)

④高賃金扱いは一握り(そこまで頑張れない)

 

良いところ

①腕を上げれば上げるほど給料はあがり、職場による。

 

まあ簡潔に言うと低賃金長長長長時間労働

ブラック企業はすぱっと辞めるのが一番。

 

飲食店は二年程勤めました。ここは楽しかったです。

辞めた理由は

①休みがない。

②バイトが休めば緊急で出勤。

サービス残業あたりまえ(残業ってなに?って感じ)

④無駄に意識高め。無駄な会議が多い。

⑤給料は前職に比べてあがった、手取り15万ぐらい

 

良いところ

①若い大学生と一緒に働ける。

②賄いが出る。

 

介護職に転職しようと思った理由

まず手に職をつければ生きていけることはたしかだろうと、

高齢者が増えていくので必ず需要はあると思いました。

知り合いにケアマネさんがいたので相談し、求人を探しました。

楽なところから行くより、重度者の多い特養から始めました。

 

転職してみて思った介護職の良いところ。

待遇面

①求人通りの公休がきちんといただける。

②残業がほとんどない。あっても残業代がつく。

③有給が使える。

④施設によっては勉強会が充実している。

⑤賞与がある。

⑥シフト制なので副業がしやすい、自分のライフスタイルを作りやすい

やりがい

①利用者から感謝される。

 

学び

①身体的に重度な方が多いので、病状に合ったケアを学べる。

認知症についてたくさんのケースが学べる。

③資格があるのでスキルアップの実感がしやすい。

④介護の仕方にちゃんとした正解がないからとことん追究できる。

 

悪いとこ

①腰を痛めやすい。

②夜勤もあるので生活リズムが狂いやすい。

③たまに変な融通が利かないスタッフがいる。

④介護職自体敷居が低いので人間性、知識に著しく乏しいスタッフもいる。

⑤対人間なのでうまくいかないことも多くストレスがたまりやすい。

⑥給料を上げるには役職につくしかない。

 

まとめ

介護職はいわゆる3Kと称される職業に属しています。

私自身それよりももっとひどい環境で仕事をしていたので、全くそんなことを思いません。

もちろん介護職に転職して休みも給料も増えました。

実質、賞与込みだと80~90万ほど上がったと思います。

まあ今までもっと過酷な環境にいたからですが・・・。

そしてシフト制なので副業もしやすく、平日が休みなので旅行も安くつく。

ただ本当に施設や事業所によると思います。

環境が過酷なところがたくさんあれば、その分介護業界自体の評価も下がります。

働くところを間違えばただ搾取されるだけの介護士となります。

失敗しないためにも自分で知識をつけ、リサーチをする必要があります。

参考になるかわかりませんが

www.umichan.net

めっちゃ上から目線で書いています。 

介護職は給与が少ない、しんどい、汚い。たしかにそうかもしれませんが、

介護職だけでなく、どの職種でもブラック企業に勤めれば低賃金長時間奴隷労働は免れないでしょう。

間違いなくその辺のブラックサラリーマンよりかは介護職楽しいですよ。

自分の求めるライフスタイルがそこにあるなら介護職是非転職おすすめします。